自分に合った振袖をレンタルする時の選び方

いざ振袖をレンタルする際、何を基準に選んだらいいのか分かりませんよね。実は単純に好きな色を手にすればいいのではなく、人によって似合う着物の選び方というものがあります。ここではそのポイントを3つご紹介します。

パーソナルカラーを知ろう!

自分の好きな色の服ではないのに、着てみたら周りから褒められたりしたことありませんか。パーソナルカラーとは、その人が生まれつき持っている肌や髪、瞳の色に最も違和感なく調和する色のことで、個人の好みとは異なり周囲からの評価によって判明することが多いものです。振袖は普通の服より色によるイメージの差が大きいので、レンタルする際は柄よりもまず色、特にこのパーソナルカラーを意識して選んでみると自分に似合ったものを探し出せます。自分の肌は色白なのか、黄色みがかっているのか、もしくは健康的な小麦色肌なのかを知り、それぞれを引き立ててくれる最適な色を選びましょう。パーソナルカラーを知っておけば、普段の服選びにも役立ち良いことづくめですよ。

体型に合った柄を選ぼう!

体型と柄なんて関係あるのかと思いがちですが、レンタル振袖を選ぶ際に非常に重要なポイントの1つです。例え同じ柄であっても、着る人の身長や体格によって見え方は全く異なり、雰囲気に違いが出てくるものです。比較的高身長の人はっきりした色合いと大きめの柄を選ぶと全身にメリハリがつきます。仮に小さめの柄を選んでしまうと地色の面積が広くなり、全体的にさみしい印象になってしまいます。反対に小柄の人は淡いパステルカラーの小さめの柄を着ると、可愛らしい女の子の雰囲気を引き立ててくれるのでオススメです。他にも痩せ型は暖色系でボリュームを出したり、ふっくら型は寒色系で引き締め効果を狙ったりと、スタイルに合わせた振袖にしましょう。

脇役じゃない、小物だって重要!

振袖をレンタルする時、着物や帯にばかり熱が入って後回しにしがちですが、髪飾りや草履にも気を配らなければいけません。普段着の時に髪型をセットしたり靴選びに気を使うように、意外と頭から足の先まで人は見ているものです。髪飾りは着物と同系色を選ぶと失敗がなく、ピンクの着物だったら紫、赤の着物にはオレンジなどがいいでしょう。もちろん同一色でも構いませんが、その場合何か一色違う色の混じったものを選ぶとよりメリハリがつくのでオススメです。また帯揚げや帯締めの色は、着物の柄に使われている一色で合わせると失敗がありません。逆に、着物の色の補色を差し色として使うと、一気に垢抜けた印象になるので、こちらも参考にしてみましょう。